上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


先日、「コウノドリ」のモデルという
産婦人科医師の方のドキュメンタリーを見ました。
若手の医師を育てる際のポリシーとして

「つき放して、見守る。」とのことでした。

魂に響く言霊でした。。。

私も人としての現在の学びのテーマは 「見守る愛」  

ついつい、手を貸してしまいます。
口を出してしまいます。
特に家族には

すべての人は、人生の中で
経験することを通じて主観を育てています。
それを邪魔してはいけません。
それは自分勝手を助長することではないようです。
自立に必要なプロセスです。

信じることで このプロセスを
私自身も乗り越えようと思います。
自分を信じて、相手を信じて、進んでいきます。

少しでも前進していきましょう




2016_06_01


「悲しいこと」「辛いこと」「痛いこと」

今が思うようにならない時、イライラする時、疲れている時、
声に出してみる事にしています。
自分を労わるために‥「悲しい〜!!」「疲れた〜!!」と。

すると、じわっと胸のあたりから何かが湧き上がってきて
涙が溢れ、流れます。感情が昇華されていくのです。
(昇華とは形を変えて清らかになっていくことを言います。)
涙を流すことは緊張した身体や心がリセットされて
副交換神経が働きリラックスした状態でもあります。
自分の言魂がたましいに響くのですね。

誰かを責めるのではなく
善悪や白黒で考えるのではなく
感情を出すことは自分の浄化になります。

大いなる宇宙の源である神さまが作られた私達は、
そして私達の地球での経験は
何ひとつ無駄なものはないことを思い出します。

「今がいつか感謝に変わる」信じると
生きる勇気と希望が湧いてきます。

大切な自分の身体と心を労わることは
たましいの声を聞くことに繋がるようです。

春の連休も終わり、緑が美しい季節です。
今に感謝することは、
そんなに難しいことではないと思うのです。





2016_05_08


熊本の余震がおさまり、
1日でも早く現地の皆さまが安心な日常を送れます事を願っております。
また、現地で復旧活動にご尽力されている方々へも
心より御礼申し上げます。

インターネットの普及で、
様々な事が現地にいるように見る事ができます。
個々の意見も聞くことができます。
TVを見ながら思うのは、
私の中では未だ東日本大震災が癒されてはいないということです。
人知を超えた出来事に心が痛みます。

私らしく生きたい!
私らしく、誰かの役に立ちたい!
それぞれのカタチで良いと思うのです。
私がたましいから想い、心から思い、行動したことは、
いつか、同じエネルギーの分量、いいえそれ以上を必ず受け取る事でしょう。
それが自然の法則です。それぞれの想いを大切にと思います。
義援金、寄付、ボランティア参加、熊本産の物を購入などのできる事、
そして 祈る気持ち、さまざまに想いを送ります。

今、目の前で起きていることに、私はどのように反応しているでしょう?
その心を見つめることを内観と言いいます。
その感情を見つめて反省することを内省と言いいます。
至らない点は繰り返さないと心に決めることを、本来、反省と言います。

当たり前の日常に感謝と愛を感じはじめると
霊的な覚醒の扉が開き始めます。
霊的な覚醒とは、霊能力の授受ではなく愛の世界そのものです。
霊能力は楽に生きるためのツールではなく
霊的に生きていくと自然に発動する、通過点なのかも知れません。

私達は、人生を通じて
人として、たましいから生きることに常にチャレンジしていくようです。

4/24日曜日、天使の瞑想会&イベントを開催します。
たましいの扉を開くきっかけになればと思っております。
ご都合のつく方は、当日の現地でのお申し込みもOKです!
詳細は aquarune を検索されて下さい。



2016_04_21


熊本、大分の地震でお亡くなりになられた方へ
心よりご冥福をお祈りいたします。
その、お遺族の方へ、心よりお悔やみを申し上げます。

そして、現地の皆さまへ、心よりお見舞い申し上げます。
不安な日々をお過ごしのことと思いますが、
身の安全を第一に専門のスタッフの救助をお持ち下さいますように。

大いなるエネルギーに満ちた九州は夫の故郷(佐賀)がございます。
直後に電話で安否確認の後、光を想い、希望の光を送ります。
当日の昼間、私事の祈りが天に届いたと思い安堵していたところでした。

絶え間なく起こる試練に涙が溢れることもあるでしょう。
ひとしきり涙した後は、静かに心を鎮めて参りましょう。
今、目の前にある事、できる事を粛々と進めて参りましょう。
大切な命を守りましょう。そのために行動しましょう。

離れて居る私達は
日々に感謝しながら、淡々と日常を生きることが何より大切です。
心身を労わりつつ、光を届けましょう。

想いが現実になっていくのですから。









2016_04_17


私はひとりの時間が楽しみです。
誰かと居ることが嫌なのではありません。
ひとりでいることが好きなようです。

そんな事を認めた時から、また一つ楽になりました。

孤独が好きなのではありません。
ひとりで過ごすことや、その時間や空間にいること、
ゆっくりと過ごす時間を、とても大切にしています。

天使や神さまと繋がるには
頭の中のお喋りを止めないといけません。
感情のまま動くこととも違うのです。
エゴ(我欲)は、次第に意味が無いものと気づきます。

天使や神さまと繋がって何か良いことがあるのか?
と問われたら、
ひとりでいることは孤独でないと気づき、
自分自身と内なる神様との大切な時間を
有意義に過ごすことが出来ると、
それは私にとって幸せです、と答えましょうか。

幸せの価値観は人それぞれです。
お互いにその価値観を尊重し合えることが、
人間関係を良好に継続していける鍵、と思うのです。
友人でも、親子でも、夫婦でも、

自分の物差しが、
誰にでも当てはまることの方が少ないのかも知れません。
それを知ると、絶対や普通という接頭語は
会話の中から無くなって行くことでしょう。

集団や他人との交流でしか学べないこともありますが、
ひとりで過ごしてみることで、気づくことがたくさんあるのです。

ひとりでいることは、孤独ではありません。



2016_04_14


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

橘 更紗 Tachibana Sarasa

Author:橘 更紗 Tachibana Sarasa
スピリチュアリスト
スピリチュアルメッセンジャー
ヒーラー
催眠療法家
植物療法家

より良く生きるためのご相談、人生の目的を見つけるお手伝い、天国にいる大切な方からの伝言をお伝えすることなど、今、必要なメッセージをお伝えするスピリチュアルセッションを行っております。

個人セッション

60分13000円(対面のみ、スカイプ共)詳細、ご予約可能なお日にちについては下記リンクの aquarune更紗HPをご覧ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

月暦




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。